日本の光ファイバ・センシング技術を世界標準に!!、圧倒的な低価格光ファイバセンサで、社会・産業インフラのヘルスチェックを提案します。

FrontPage

はじめまして

はじめに、当社の光ファィバを防災目的に活用したセンサの特徴をご確認ください。

Q:防災センサとはどのようなものか?

A:防災センサとは、最近多発している災害の予兆現象を検知して、災害の発生を予測することで、災害の被害を最小限にとどめようとするものです。

Q:特にどのような特徴があるか?

A:弊社の光防災センサは次のような特徴があります。

1. 先端技術:最新の光技術である光ファイバ(FBG)をセンサとして使っています。これは防災センサとしては理想的であると言われています。
2. 高感度・高信頼性:高感度です。しかも、雷や漏電に耐久性があるので、高い信頼性があります。
3. 価格優位性:超安価です。いままでの同等品の10分の1の価格です。レンタルや、リースの用意があり、導入が容易です。
4. 高機能:検出したい物理量に合わせて、いろいろなタイプのセンサに応用することができます。
5. 作業性:取り付け容易ですが、取り付け技術者教育講習体制も整えています。
6. 経済性:小型で低消費電力なため、エコです。

技術的優位性ばかりでなく、価格優位性もあり、これからの社会の安全を守るために、爆発的に普及すると考えられています。

Q:この光防災センサは何に役立つか?

① 高感度であるため、崖崩れなどの自然災害の発生を予知し、避難すべき時を知らせます。

老朽化した建造物(橋、トンネル、建物など)の余命を推定し、限界が近いことを知らせます。

雷などの障害があると、従来のセンサでは誤動作したり、故障するという問題が発生していました。しかし、ここでは、光を使って検知しているので、影響を受けません

Q:いままでの光センサと何が違うのか?
                   
先ず、値段として、安いということです。
新しい技術開発で、従来の、10分の1の値段にコストダウンすることに成功しました。しかも、低消費電力で、エコです。
今までも光方式の防災センサは存在しました。しかし、コストが非常に高く、導入が進みませんでした。

Q:導入コストを抑えた工夫は?

画期的なFBGセンサ情報の解析手法で、高額なスペクトラム・アナライザーが不要になり、非常にシンプルな構造になりました。温度補償も対応で小型で軽量、メンテナンスも容易になりながら、システム価格は簡単なものでは数十万円から用意できます。橋脚用センサなどでは100~200万程度から提供できます。

Q:どのような場所にどのようなセンサの設置が効果的か?

災害の発生が心配されるあらゆる場所が対象となります。

1. 崩落が心配される斜面に土砂崩れ予知センサ:
崩壊する前に予兆が検知できます。
2. 老朽化した橋、鉄橋やトンネルには歪みセンサ:ヘルスモニタリングができます。
3. 洪水が心配な河川、下水道には水位センサ:精密な水位管理が可能です
4. 決壊が心配される堤防には、堤防決壊センサ:決壊するまえに、予兆が検知できます。
5. 潮位が心配な海岸にも水位センサ
6. 災害発生の原因となる異常気象センサ

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional