日本の光ファイバ・センシング技術を世界標準に!!、圧倒的な低価格光ファイバセンサで、社会・産業インフラのヘルスチェックを提案します。

光ファイバセンサとは

光ファイバセンサとは

用途別防災センサのご案内
各種の用途に合わせたセンサを用意しております。
特 徴
1. ほとんどのセンサに最先端技術である、FBG(ファイバーブラッググレーティング)が使われており、高感度、高信頼です。
2. 雷、パンダグラフからの電磁雑音に耐久性があり、屋外に設置しても漏電やショートなどの心配もありません。
3. 高速応答性があり、温度補償がなされています。
4. 従来の光方式のセンサに比較して極めて安価に提供できます。レンタルやリースにも対応しております。
5. センサの設置には訓練を受けた専任の施工士が当たります。
6. センサーのデーターはデーターセンターで蓄積、処理され、警報の発呼サービスを行います。
7. 動作保証、アフタケア―も万全です。

道路防災
  道路の路肩や両脇の斜面の崩落の予知センサ、道路トンネルの内空形状の変形監視センサ、道路舗装面の保全のためのセンサです。
橋梁ヘルスモニター   
橋梁の老朽化による、異常振動検出、たわみ、振動回数計測、歪計測などのセンサです。コンクリート橋、鋼橋、混合橋のどのタイプにも対応できます。
プラント保全
プラント内の老朽化配管の保全のための、振動センサ、膨張センサです。石油プラント向けでは、オイルタンク保全、パイプライン保全のセンサもあります。発電プラント向けとして、軸受、変圧器の異常振動モニターがあります。
河川防災
河川で使われる洪水監視用水位センサ、流向センサ、流速センサなどの他、堤防崩落監視センサがあります。水位センサは河口に設置したときは潮位センサとなります。さらに、山岳地域の河川に敷設されている砂防ダムの流砂堆積量のモニターなどもあります。
斜面防災 
斜面崩落、土砂崩れ、崖崩れ、地滑りなどの予兆を捉える予知センサです。
工事現場防災
工事現場で発生する事故を防ぐ、傾斜センサです。
高速道路防災
道路防災と同様のセンサの他、高架が多いため、コンクリートの劣化センサなどを含めます。
鉄道防災
鉄橋の異常振動検知と、突風センサを組み合わせたセンサシステムがあります。また、高架鉄道の振動センサや、地震の影響を検知する傾斜計もあります。
地下鉄防災
老朽化した地下鉄のトンネル保全センサです。
下水防災
ゲリラ豪雨などで下水の水位が急上昇することを監視するセンサです。狭い空間でも設置できるよう、河川水位センサより、小型で平板形状であることが特徴です。
その他
 ・民生用として、自宅の裏山の崩落を監視するためのセンサ。(弊社、商品名「裏山防災」)
 ・異常気象センサ:通常の気象観測計器の想定を超えた突風やゲリラ豪雨用のセンサです。
 ・放射能センサ:地域の土壌の汚染状況を調べるセンサです

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional